【フィルムカメラレビュー】気軽に持ち出せる中判カメラ「初代PENTAX 645」

フィルムカメラ

こんにちは「kio」です。

今年は「ジャンクカメラで遊ぼう」「魅惑のハーフカメラ」「フィルムカメラレビュー」と沢山のカメラのレビューをしてきましたが、夏過ぎ位から全くよさげな物が無く余り増えてません、、、

が、今回は久々の【フィルムカメラレビュー】をしていきたいと思っています。

フィルムカメラレビュー
「フィルムカメラレビュー」の記事一覧です。

是非最後までご覧ください。

ちょい長めです。

初代PENTAX 645ってどんなカメラ?簡単なスペックも。

PENTAX 645は1984年発売の120及び220フィルムを使用する中判カメラです。

細かい事を言うとこの「6×4.5」はセミ判と呼ばれているそうで、所謂「6×6」以上のサイズの「中判」とは明確に分けられていたようですが、ここでは余り気にせず「中判」と統一してお話していきます。

初代PENTAX645とsmc PENTAX-A75mm F2.8

フォーマットサイズは「6×4.5」、縦横比は3:2このサイズが名前の「645」の由来ですね。

セミ判といっても35mmと比べて約2.7倍の面積が有り、美しい写真を撮る事が出来ます。

このペンタックス645シリーズは今回紹介する「初代645」「645N」「645NⅡ」そして、デジタルカメラ「645z」とPENTAXの中判カメラのシリーズとして販売されてきました。

中判カメラというと「スプリングカメラ、蛇腹カメラ」「二眼レフカメラ」などがありますが、これらのカメラは大抵の機種が「露出計無のフルマニュアル」カメラとなっていますが、「初代PENTAX 645」は1984年という事もあり「電子カメラ」でMFではありますが「プログラムAE」「絞り優先AE」「シャッタースピードAE」「マニュアル」撮影が使えるとっても便利なカメラなんです。

そしてコンパクトで、操作性の高さ、携帯性の良さから

「スーパーフィールドカメラ」

と呼ばれていたようです。

簡単なスペック

  • シャッター速度:1/1000~15秒
  • 使用フィルム:120か220(それぞれ専用フィルムバックが必要)
  • フォーカス:MF
  • 露出補正:有り ダイヤルで1段ずつの-3~+3
  • マウント:PENTAX645マウント
  • 露出制御:TTL開放中央重点測光
  • AE:プログラムAE、絞り優先AE、シャッタースピード優先AE、フルマニュアル
  • 重量:ボディーのみで約1,300g
  • 使用電源:単三電池6本

そしてPENTAX645は生産時期で「前期」「後期」に分けられますが、基本性能は一緒で、違いは「ストラップ金具の回転防止ピン」の有無だけだと思います。

左がピン無しの「前期」、右が「ピン有り」の後期。

この「前期」「後期」については特に既に製造されてからかなりの年数が過ぎているので調子よく動けばどちらでも良いと思いますが、何気にストラップがくるくる回るのが煩わしいので後期のピンは便利なんですよね。

気軽にフィルム中判カメラを使いたい人におすすめしたい理由

これから中判カメラを使いたい人におすすめしたいカメラなので、その理由とおすすめポイントを書いて行こうと思います。

初代PENTAX 645のおすすめポイント

  • 他の同等のスペックの中判カメラと比較し、安価で一式揃う。
  • AE付の中判カメラとしては比較的軽量、コンパクト。
  • システムカメラとして各種アクセサリー、レンズ交換式で広角~望遠、ズームレンズまで一式揃っている。
  • 操作が簡単、シンプル

以上の4点が僕が特におすすめしたいポイント。

後から詳しく書きますが、初代645は比較的安価で中古が購入出来、レンズ群も安めで流通しています、そしてレンズ交換式のAE搭載中判カメラとしては比較的軽く、コンパクト。

更に、システムカメラとしてアクセサリー類のラインナップも豊富で、アングルファインダー、交換スクリーン、TTL自動調光のストロボや、各種単焦点、広角~望遠ズームレンズまで揃っていて、何より操作がとても簡単で、ピントを合わせて構図を決めたらあとは基本カメラ任せで使える点も魅力。

以上の点から気軽に持ち出して使う中判カメラとしておすすめです。

初代PENTAX645のいまいちポイント

褒めているだけだとあれなので(笑)ここではいまいちポイントも書いて行きます。

  • 比較的軽量コンパクトといってもレンズ、電池込みで約1,700g~になる。
  • 古い機種なので調子が悪い個体も多い。
  • ストラップ金具が専用の物を使用しなければいけない。
  • 120フィルムで15枚しか撮影できない(通常6×4.5は16枚撮れる)。

以上の4点を挙げさせて貰いました。

軽量、コンパクトといっても標準レンズの75mm F2.8付きで電池込み約1,700gとなります。

これは例えば同じレンズ交換式の中判ペンタックス67(通バケペン)がレンズ込みで約2,500gなのでそれに比べると軽いのは軽いんですけど、35mmフィルムの一眼レフが大体レンズ込みで1,000g程度なので結構重いのは思いです。

一日肩にかけて撮り歩くと次の日肩が痛くなるのは保証します(笑)

そして、1984年発売の電子カメラなので露出計の精度や、ワインダー等の調子が悪い物も多くある印象で、安いからと言ってオークション等で飛びつくと痛い目を見る事になりますので、信頼できる中古店等で購入した方が良いですね。

次はペンタックスストラップ金具問題ですが、ペンタックスは「LX」等もそうでしたがこの初代645も専用のストラップ金具が必要になってきます。

この金具は67でも使えるらしいのですが、中古購入の際はこの「ストラップ金具」が付いているか確認しましょう。

単品購入しようとすると金具だけでも安くて3,500円位~かかってしまいます。

最後に撮影枚数ですが、これが一番気になる点。

通常6×4.5は120フィルムだと16枚撮影する事が出来るのですが、初代645では15枚しか撮影する事が出来ません。

フィルムが高騰している現在ではその1枚の差が結構響いてきます。

後継の645Nからはちゃんと16枚撮影出来るのでなんだかとっても損をしている気になってしまいます。

初代PENTAX645の操作感、使い方。

操作感についてはデジタル、フィルム問わず一眼レフを使っている方なら問題なく使えると思います、むしろシンプル。

初代645はボディー上部に操作系が全てついています。

同じ位に発売された「PENTAX SUPER A」と同じように基本ボタンでの操作です。

これについては僕が細かく説明するよりもまだ取り扱い説明書がダウンロード出来るのでそちらを見て貰った方が良いです。

いや、いちいち僕が書くより、ほら、あれだ、、、ちゃんと公式の取り扱い説明書見て頂いた方が良いと思って、、、面倒な訳じゃないんですよ、、、

PENTAX 645(初代)取り扱い説明書pdf

↑クリックすると取り扱い説明書pdfページに飛びます。↑

「説明書なんか見なくてもカメラは慣れてるから使えるよー」

という人向けに※重要なポイント。

説明書にも記載してありますが、初代PENTAX645は基本フィルムが装填されていないと空シャッターが切れない仕様になっています。

この645でフィルムバックを外した状態で空シャッターを切ると液晶表示が「M 1000」に固定され、ボタンの操作をしても表示が変わらず、1/1000でしかシャッターを切ることが出来ませんし、空のフィルムバックを付けたままだと、そもそも空シャッターも切れません。

この状態でカメラが壊れていると勘違いしていて安く売っている場合もあるかもなのでこれは覚えておきましょう。

そして、正しく動作確認をするにはフィルムバックに120フィルムの裏紙だけでも良いのでセットしてから動かすと、正常であれば液晶表示も各モードに応じて動き、シャッタースピードの変更が出来るので空シャッターを切ることが出来ます。

このフィルムセット方法や各種使用方法はリンクの「PENTAX645取り扱い説明書」をしっかりご覧ください。

さらに言えば「645ボディー後ろキャップ」なるものがあり、これを取り付ける事により、フィルムが正常にセットされている時と同じ様に動作させることが出来ます。

これが645ボディー後ろキャップ

この後ろキャップは500円位で最近まで新品で売っていたようなので、欲しい方は探せばまだあるかもです。

初代645とレンズの中古相場と購入の注意点

初代645ですが動作品中古相場は大体2.5~3.5万円程です。

最近中古カメラ店等でも中々この初代は見かけなくなってきましたがが、探せばまだまだありますので根気よく探すのをおすすめします。

これが645Nになると一気に6万円〜となり、n45NⅡとなると余裕で10万円を超えてきます。

そしてレンズですがこれは状態、人気等でもかなり変動はしてきますが定番中の定番の標準75mmレンズ「smc PENTAX-A 645 75mm F2.8」が個人的には一番おすすめで、このレンズは大体2万5千円~4万円程で、ボディーよりも高値が付いている場合が多いです。

75mmといっても35mm換算で画角は約45mmなので一般的な標準レンズとほぼ同じに使えます。

これはこのレンズは後継の645シリーズでも流用でき、MFのオールドレンズとして人気があるためです。

同じ75㎜でも「smc PENTAX-FA 645 75mm F2.8」があるのですが、こちらは「645N」からのAF用となっています。今後645Nや645NⅡ645z等を購入予定の方は「FA」を購入しても良いかと思いますがMFの物より高くなるので注意が必要。

そしてズームレンズは「PENTAX-Aレンズ」であれば大体5千円~1万円位で各種ありますのでお好きな物をどうぞ。

しかし僕は初代PENTAXを使うなら絶対に「smc PENTAX-A 645 75mm F2.8」をおすすめします。

このレンズ単体で約200g程度ととても軽く、このレンズのおかげで気軽に持ち出して使おうとさせてくれますし、何より写りがとても良いんです。

下の写真を見て頂けると大きさの違いがよくわかりますね、左が75mm F2.8右がズームレンズの45-85mm F4.575mmが約240gに対し、45-85mmは約800gと1/3以下の重量。

いや、写りは45-85mmもとても良いんですが、正直気軽にスナップに使おうという重さと大きさじゃないんですよね。

この大きさの違い。

取り合えず75mmを1本持っておけば何とかなる位の安心感はあります。

そしてボディー中古購入の際の注意点。

  • 電子カメラなので各ボタン、液晶、ファインダー内の表示等が正常な物を選ぶ。
  • 低速から高速までシャッター、絞りが正常に動くもの。
  • 巻き上げ時のモーター音に異音等は無いかチェックする。
  • フィルムバックがちゃんと「120専用」の物が付いているか。
  • ストラップ金具が付いているか。
  • バッテリー室などに腐食など無いか確認する。

以上の点は最低確認するとよいと思います。

そして一番気を付けたいポイントは赤文字で書いてある「フィルムバックがちゃんと「120専用」の物が付いているか。」です。

フィルムバックには120用と220用との2種類があり、今現在流通しているフィルムが120のみ(220もモノクロで1種類のみあります)なのでフィルムバックが「120」のものが付いているかしっかり確認して下さい。

オークションやフリマサイト等でフィルムバック単品で買うと220用が1,500円~なのに120用は4,000円~と値段も倍以上違います。

上が「120用」、下が「220用」

一応220のフィルムバックを120が使えるようにする改造方法があり、そちらも今記事に書いていますのでもう少しお待ちください。

正直初代645とN、NⅡは細かい部分はもちろん新しい物のほうが良いですがAFを使わないのであればかなりお手頃価格の初代645もアリだと思っています。

過去記事よりPENTAX645の作例

ここでは過去記事より初代PENTAX645で撮った写真を数枚紹介します。

ここの作例は全て「smc PENTAX-A 645 75mm F2.8」で撮影しています。

詳しくはこちら「PENTAX645の記事一覧」

最後に

僕が愛してやまない「初代PENTAX645」のレビュー等を書いて行きました。

MFではありますがAE搭載の電子カメラなのでこれから中判カメラを始める方にもおすすめ出来る良いカメラだと思います。

フィルムが高騰して、品薄が続いていますがまだ120フィルムであれば比較的入手しやすいと思います。

6×4.5の大きなフォーマットで、35mmとはまた違った高解像度でボケ味も良い写真が撮れますので是非機会があれば使ってみてください。

最後まで見て頂きありがとうございました。

コメント