PHOTOWALK~写真やカメラの話~
フィルムカメラ,  フィルムレビュー,  レビュー

【フィルムレビュー】モノクロMARIX 200/MARIX D-76/Rollei 35 作例と「フィルム対しての思い」

こんにちは「kio」です。

「MARIX」から発売された3種のフィルムの内「MARIX 800T」は先日レビュー記事を書きまして、多くの皆様に見て頂いている様です。

レビュー記事を書いて、SNSなどで

「作例ありがとう!」

「作例見て気に入ったので購入したよ!」

等、何気に沢山DMやコメントを頂きます。

めちゃめちゃ嬉しいですし、励みになりますので、どんどんDM、コメント頂ければと思います!!

さてさて、年末にマリックスさんからサンプルとして頂いた「MARIX フィルム3種」

年末に新たにマリックスさんから発売されたフィルム3種

現在はこの「MARIX 800T」は奥さんが昼間のタングステンフィルムの写りはどんなのかお見せできるよう、撮影していて、同じタイミングで発売になった「MARIX 400D 24枚撮り」はオリンパスPEN Dに入れて撮り進めていますので、撮り終わったらまた皆様に見て頂きたいと思っています。

最後に「僕のフィルムに対する思い」もちょっと語っているので是非最後までご覧ください。

今回のレビューはモノクロマリックス200

3種のフィルムの内「MARIX 400D」は以前発売されていた物が「24枚撮り」になっただけで、「800T」と「モノクロ200」はマリックスさんでは新取り扱いのフィルムですね。

そして今回レビューするのは「モノクロマリックス200」

この「モノクロマリックス200」の作例や現像データ等、書いて行こうと思います。

モノクロマリックス200の中身

見出しが「モノクロマリックス200の中身」

って、どういう事????となった方もいるかと思います。

このブログでは過去に発売されている「モノクロマリックス100」と「モノクロマリックス400」のレビューも書いていて、そちらでも書いていますし、マリックスさんのHPでもちゃんと言及しているのですが、ここでももう一度書いておきます。

「モノクロマリックス200」の中身は~、、、、、、、

フォ、、、

フォ、、、、

フォマ、、、、、

知りたいですか~??

ウザかったですね、調子に乗りました、、、ゴメンナサイ、、、、

中身は「フォマパン200」です。

これは要するに「巻き直しフィルム」と呼ばれています。

「巻き直しフィルム」というとちょっと怪しい様に聞こえてしまうかも知れませんが、マリックスさんではそこらへんの心配はないと思います。

スプールエンドもしっかり「差し込み」タイプですし、パトローネも、パッケージもちゃんとしています。

巻き直しでスプールエンドがテープ留めなんかは店によっては現像を断られるので、現像に出す際もしっかりマリックスさんのHPの情報を見せて中身が「フォマパン200」「スプール」は差し込みと伝えれば大体のラボでは受けてくれるはずです。

そして、僕の様に自家現像するのであれば、「フォマパン200」は色々な現像液でのデータが公開されているので楽に、安心して使える事が出来ます。

これらの説明はモノクロマリックス100、400にも共通しています。

モノクロマリックス200の現像データ

2023年12本目の現像です。

そして今回は同じマリックスさんから発売しているKodak D-76の互換現像液「MARIX D-76」で現像しました。

マリックスフィルムをマリックス現像液で現像、、、

厳密には違いますけど「純正の組み合わせ」です(笑)

マニアならちょっと「ニヤッ」としちゃいますね。

僕だけでしょうか??(笑)

使用カメラ:Rollei 35(Germany)

使用フィルム:モノクロMARIX200

現像液:MARIX D-76

現像時間:MARIX D-76 1:1 20℃ 9´00(30/60/5)

作例

今回も写真多目なのでギャラリーにしていますので、クリックすると大きく見れます。

モノクロマリックス200の写りの感想

このサイトを良く見て頂いている方はフォマパン200はかなりお馴染みだと思います。

モノクロマリックス200=フォマパン200なので、当たり前ですが、特徴も全く一緒。

  • T粒子乳剤使用で粒状感が少ない(T粒子にしてはややあります)
  • コントラストは普通(EI400で撮影するとコントラストも乗って良い感じ)
  • 色々な現像液とのデータが豊富にある
  • シャープネスもそこそこある

こんな感じ。

あっ、、これも何回も言っていますが僕は「フォマパン信者」なのでちょっとひいき目も入ってます(笑)

今回のローライ35のテッサー40mmとの相性も良く、シャープでコントラストのノリも良く仕上がりました。

購入方法や値段についてはこちら→「モノクロマリックス200の購入方法や値段」

最後に僕のフィルムカメラに対する思い。

これも毎回書いていますが、今現在フィルムはコダックが大幅値上げや大手メーカー製フィルムが生産終了したりと縮小の一途を辿っています。

さらにカラーネガフィルムは品薄も続いていて、一部の転売ヤーが暴利で販売している現状、、、

そんな中マリックスさんも含め、色々なメーカーが「巻き直しフィルム」を販売しているようですが、先でも触れましたが「巻き直しフィルム」はモノクロ、カラー共にラボでは現像を敬遠されている場合も多いです。

しかし「フィルムエンドが差し込み」になっていたり、「元フィルムも公開し」「日本の所在もはっきりしている会社が販売」しているというのは現像店にとってもユーザーにとっても安心できる材料の一つではないでしょうか?

正直モノクロマリックス各種の値段については本家フォマパンのパッケージ版よりちょっと高いですが、そこは新規に立ち上げたブランドなので、僕も含め皆さんが応援の意味を込めて購入していけば値段も落ち着いて安定供給に繋がるのかな?とも思います。

そして、カラーマリックスフィルム各種は場合によっては「特殊現像」扱いで、店内では現像してもらえないという話もちらほら聞きますが、それでも各現像店のHPやSNSでは「マリックスフィルム当日現像出来ます!」「マリックスフィルム取り扱い始めました」等も多く見かけるようになってきました。

順調にマリックスフィルム各種の品質が認められている証拠だと思っています。

中には加工をしてあるシネマ用フィルムは「C-41でも残ったレムジェット層が現像機を痛める」「現像液がダメになる」といった話も聞いたことがありますが、それについては現像を受ける店舗がある以上ユーザーはそこは気にしないで良いと思っています。

そこは、現像を受ける店の方も「プロ」として大丈夫だと判断した上で現像を受けてくれるのであって、ユーザーは現像可能なお店に出せば良いと思っています。

※但し、中身を偽って現像に出すのだけは絶対やめて下さいね。

僕たちに出来る事はフィルムを購入して、そのフィルムで撮った写真をアップしたり、情報を共有する事位しか出来ません。

多くの人がマリックスさんも含め各種フィルムを使って発信していけば、フィルム業界も少しは盛り上がっていくのではないでしょうか?

これからフィルムを使ってみたい方や、既存のフィルムカメラユーザーも、応援の意味も込めてマリックスさんのフィルムを1本でも良いので購入してみて下さい。

「そんな事したって、フィルムはいずれ無くなるよ、、無駄無駄、、、」

「結局巻き直しじゃん」

と思う方はわざわざそれを発信しないで、

「フィルムから離れれば良いんです」

「使わなければ良いんです」

デジカメだって、スマホでだって、フィルムカメラだって、

「写真を撮る」

という行為は、形は変わっても残り続けると思います。

プロでは無くとも、写真を撮るのが好きな人は世界中に沢山います。

フィルムを使って写真を撮るのを強要はしている訳では無いんです。

ただ僕の様に「フィルムカメラで写真を撮る」事に、少しでも「喜び」「楽しさ」を感じている方はフィルムを使って写真を撮って下さい。

正直僕はフィルムの現状や、今後を憂いてはいても実際に海外メーカーとOEM交渉して加工、巻きなおして、パッケージをデザインして販売する力も、行動力もありません。

そんな中、日本の会社であるマリックスさんが、「低価格、安定供給、継続販売」を目指して頑張っているのは、微力ではありますが出来る限り応援して、今後も発信していけたらと思っております。

「なら、まずはFUJI やKodakみたいな自社でフィルムを製造しているメーカー製を使うべきでは?」

という意見も聞きますし、僕もそれも間違ってはいないと思います。

実際マリックスだけでは無く、FUJI ,Kodak製の物も多く使っていて、モノクロも各メーカーの物を購入して使っていて、別に特定のメーカーのしか使わないわけでは無いです。

しかし、触れたように現在のFUJIのフィルムの種類、Kodakの値段、品薄な現状では使いたくても使えないのも事実、、、

そしてマリックスはカラーネガ各種は「Kodak」モノクロ各種は「FOMA」。

これは結局コダックのフィルムとFOMAのフィルムを使っている事にもなると思います。

勿論コダックや、フジのフィルムを購入したほうが小売店にとっては良いのもわかった上で書いています。

この話は賛否あるかと思いますし、ここでは多く語りませんが、僕が言いたいのは一つ。

「どこの物でもフィルムが好きなら使って下さい。」

もうそれだけです。

まずはどこのものであれ、フィルムを消費していかないと何も変わりませんね。

モノクロマリックス200のレビューのはずが最後の語りがメインみたいになっちゃいました。

まぁ、ここまで真面目に書いておいてなんですが、、、

正直な所、昔からフィルムを使っている方も、最近フィルムを使い始めた方も、これから始めようと思っている方も、

「好きなフィルムで好きなように写真楽しめばいいと思っています。」

プリントするもよし、スマホ転送、CD等データ化して楽しむもよし!

クラシカルなフィルムカメラのシャッター音を楽しむもよし!(たまにはフィルム通してくださいね(笑))

皆さんのスタイルに合わせて無理が無い程度に継続して楽しんでください!!!

最後まで見て頂きありがとうございました。

あっ、、、でもモノクロ自家現像もめちゃめちゃ楽しいですよ(笑)

始めまして写真好きの「kio」と嫁の「kiio」です。 夫婦二人でフィルムカメラ、ストリートスナップ撮っています。 日課はジャンクカメラ収集。 今はほぼフィルムカメラネタ中心。 モノクロ、カラー自家現像やってます。 このブログでは夫婦二人で撮った写真を中心に写真、カメラの話や、モノクロ、カラー自家現像のデータや解説、フィルム、カメラ、レンズ、カメラ関連のガジェットのレビュー等、カメラ好きの皆さんが楽しめる内容を更新していく予定です。 記事が見辛かったり、間違っていた場合は「お問い合わせフォーム」からご指摘頂けると助かります。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です